© 2016 by hitococue~ひと呼吸~

100年先迄

ブナの森を

残す募金

 

 奥信濃のなかでも野沢温泉村「上の平高原」や

飯山市「鍋倉山(なべくらやま)」は全国でも

貴重なブナの純林が残るエリアです。

 

近年の究でブナ林の保水力と清浄作用のおか

げでその地域に棲息する多くの動植物の生命を

もしっりと支えていることがわかってきまし

た。

とりわけ、野沢温泉の豊富な湯量はこのブナの

恵です。株式会社河一屋では、この自然の均

を守り、恵まれた自然環境を未来に残してい

ため、『いいやまブナの森倶楽部』に協力

ています。 

100年先まで

ブナの森を残す募金

本体価格 一口500円

○巨木の谷登山道、牧峠周辺ブナ林歩道の整備

○樹木医による巨木の往診

○地元の小学生や障がいを持つ方を対象とした森林散策

○ブナ林の保全と活用に関するシンポジウムの開催等

いいやまブナの森倶楽部とは…

なべくら高原の中腹にある巨木の谷には、樹齢200年をゆうに超えるブナの巨木が立ち並んでいます。かつて全国各地にあったブナは伐採が進み、純林が残るのはごく一部となってしまいました。巨木の谷は地元の方の手によって開発を免れてきた貴重なブナの純林が残るエリアです。いいやまブナの森倶楽部はそんな森を守るために2000年に設立されました。現在、ブナの巨木「森太郎」をシンボルとして、山と里をつなぐ活動を行っています。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now